【明鏡止水】Ver. 2017

【明鏡止水】Ver. 2017

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


 

明鏡止水

意 味: 一点の曇りもない鏡や静止している水のように、よこしまな心がなく明るく澄みきった心境を指す。
用 例: ただただ一切の思慮を捨ててしまって妄想や邪念が、霊智をくもらすことのないようにしておくばかりだ。すなわちいわゆる明鏡止水のように、心を磨き澄ましておくばかりだ。
(勝海舟『氷川清話』)出典:四字熟語データバンク

 

  • 並みいる事例に挑み、滑って転んで鍛えた力で。
  • 明日10/22(日)に3つの事例と向き合うと、
  • 作問者の想いが手に取る様に伝わり、
  • 魔法の様にすらすらと普段の実力通りの回答が書けてしまうことがある。

点を取ってやろう、合格してやろう。
その邪念を捨て心を開き、虚心坦懐、事例と向き合う。

そんなことも合格スタイルの一つに。やはり難しいや、この試験。

再現答案の当日作成について

さて当試験、終わりよければ全て良し。

再現答案の当日作成は、今はもうみんなやってる。より普及すべく、再度発信して欲しい」。そんなご意見を複数いただきました。

  • 翌日作るより当日作るほうがラク。皆がそこに気づいた。
  • 開示得点とセットで、1年間の自分の努力の証に。
  • 万一結果が凶でも、そこが来年のスタートになり一歩前進。
  • お世話になった受験校、市販参考書への恩返し。
  • その位の余力管理(脱力感)が、スト合格に欠かせない。

ともすれば自分の優位性を損なう様な情報発信に、彼らはなぜ積極的?

進んだ取組みを合格前から積極情報発信するほど、
周囲の答案が自分に似てきて、むしろ合格しやすい。

そんなネットワーク外部性の優位さを、合格前から利用する。そんな資格試験はそう他にないでしょう。もう今から来年が楽しみです。

さて当サイトの恒例で、明日は年2回の休筆日。
ではいってらっしゃい。吉報をお待ちしています。

お知らせ:今後の掲載予定
10/22(日) 「事例Ⅳ」計算問題速報 ・・休筆日ですが、解答が判明次第。
10/23(月) 「事例Ⅰ」解答根拠予想
10/24(火) 「事例Ⅱ」 〃 ※例年この日に受験校解答発表。
10/25(水) 「事例Ⅲ」 〃

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    2次知識(自社)カテゴリの最新記事