【2次】学習ツールサンプル集

【2次】学習ツールサンプル集

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


  1. 70点再現答案を最初に読む
  2. 作り方を考える
  3. 作り方がわからない所は他人に聞く
  4. 本試験では「聞かれたことに答える」

当試験、合格アドバイスは百花繚乱。とはいえ最新主張の共通点は上記4つに絞られ、この4つなくして、合格にそう簡単には届かない。

しかし。マイメソッド!マイ勉強会!にマイ採点基準! どうも宣伝ばかりが大好きで、バランスがよろしくない。

当試験で特定手法に偏重するか、ポートフォリオの分散効果か。
昨年「1次」難化の痛みは、もうすっかり過去のモノ?

そこで先週のブログで誰も取り上げなかった「受験校講義の使い方」を、マイポートフォリオにこっそり加える。

スピード競争の時代~pDcA vs. PdCa

この試験は、マイ合格仮説を立て、PDCAを回すのでちゅ!

ほらそこ、勢い余って不要な「!」を安易に使うな。ボクこそ正しい!だから「受験生のみなさん!」はマイノウハウを採用「すべき!」←いやそれ余計なお世話。

一口にPDCAといっても2パターン
pDcA  ※受講生の約7割
実行・アクションばかり繰り返すタイプ
PdCa  ※受講生の約3割
計画立案・チェックを重視するタイプ

独学合格できるけど、「2次」は通学を選ぶ方も少なくない。それはね、

△受験校の最新手順を教わる効果もあるけれど、
○自分の合格仮説を、受験校の知見で方向修正できるから。

これから週2コマペースで進む受験校演習を、手ぶらでぼんやり受けるのがpDcAタイプ約7割の受講生。そのうえ、「あの先生の教え方が悪い」なんて、妙に評論家的になったりして。

いや違うよ、とPdCaタイプの残り3割。

・受験校事例では、毎回試すテーマを決め、効果測定。
・解説講義60分は、結果検証+講師の説明をフルにメモ。
・すると必ず疑問発生。生質問で解消し、次のテーマに。

PDCAの最低ラインとはこれ位。そう考えるのが「スト合格の上半分」とすれば、平均的な合格者と一緒にされたくない気持ちもわかる。

とはいえ全員が講師に生質問できる環境でもないのが大手受験校。であれば「浮かんだ疑問を素早く解決する仕組み」を考えるのがセカンドベスト。

浮かんだ疑問を素早く解決する仕組み

PdCaを選ぶと、何か必ず疑問が浮かぶ。その疑問をどう素早く解決するかの仕組みづくりが、最速スト合格への実力差。

①受験校講師に生質問
②受験校講師にメールで質問
③最新合格者に生質問
④最新合格者にメールで質問
⑤受験仲間同士で情報交換

正しいアドバイスをくれる順なら、講師>最新合格者>受験仲間
素早く解決するなら、生質問>メール

①がベスト、②~④がセカンドベスト。⑤は正逆どちらに進むか判断しかねるのでケースバイケース。

質問に不慣れな時はまずメールから
・自分の疑問点を文章化すると、その時点で80%解決
・メール返信の答えが期待通りなら、120~150%解決
・ただし、メール返信までに時間かかることがデメリット。

慣れてきたら講義後の講師を掴まえ生質問。
・いきなり核心でなく、「聞かれたいこと」を想像してジャブ。
・この講師なら信頼可。そう判断してから核心の質問。
・そこにズバリ回答を得たら、次の仮説を立て次の講義へ。

ふうん、面白いコト書くな。
ではコイツにも質問してやるか。

その参考として、8年前に自作した「2次」学習ツールを公開します。ただ得点開示の時代は、こんなまわりくどいことせずとも容易に合格実力へ。

「2次」学習ツールサンプル(2009年版)

8年も昔。2009年の学習ツールなんて、役に立つのかい?

答えはNO。「2次」合格答案とは、3年前の得点開示により見事に「お揃い」化。古びた合格メソッドに頼った方が、昨年「2次」でどんな結果を迎えたか。それはおよそ想像できる範囲内。

だから誰も見向きもしなくなった古い過去記事。でもそこに何か掘り出しモノが?と嗅覚を働かせるのも、それはそれでひとつの合格センス。

1⃣最初に見るのはまずゴール (再現答案)

再現答案(2009年本試験)

今と違い、「箇条書きはよろしくない」とされた時代の答案です。5,000人が好き勝手なことを書くので、採点も大変だったと思われますが、その分、問題本文の根拠を抜き書きすれば合格できた、おおらかな時代。再現答案とは昔からあるけれど。

再現答案を作ることが大事でなく、
目をつむっても書ける答案の再現性が大事。

2⃣学習スケジュール表(8~10月)

学習スケジュール表(8~10月)

受験校講義が提供するのは、「2次」の概要+必要知識。学習スケジュールは人それぞれ。

そこで講師に個別相談し、すぐ決め、すぐ実行したのがこのスケジュール。当時のスト生は、過去問5年分は1~2度解くのがやっとで、受験校新作事例が中心でした。

3⃣知識の整理 (サブノート+ファイナルペーパー)

当日ファイナルペーパー

事前ペーパー(知識の整理)

事例演習振り返りメモ

講義ノート(事例全体)

講義ノート(事例Ⅰ)

講義ノート(事例Ⅱ)

講義ノート(事例Ⅲ)

講義ノート(事例Ⅳ)

ずらずら貼ってありますけれど。今でいえば「全知識ノート法」でこの程度の知識は、効率良くカバー可能。

4⃣過去問分析

過去問分析パワポでまとめ

過去問分析(Ⅰ~Ⅲ)

過去問分析(Ⅳ)

講師のアドバイスを受け、問題文5年分を書き出し、自力で分析したツール。「Ⅳ」は以前から好評で、今の「スッキリ1級」シリーズの原型です。

5⃣事例の写経

事例の写経(根拠⇔設問の対応づけ)

本試験前には、出題趣旨の写経。「2次」口述試験前には、問題本文を写経し、正解と根拠の紐付けを確認してみたりしました。ふうん、こんな風に対応するのか。

今日のまとめ

変化が激しい「2次」対策で、8年前の学習ツールが役立つ余地はない。でもね。

短期間でこの量の知見を得られる受験校講義を
フル活用できる方はごく一握り。

それはね。受験校に通えば合格させてもらえる=pDcA受け身型の学習に流れがちだから。いやそうでなく。当試験では、失敗の原因をまず探す。するとその反対が解決策になるんだよ。

クリック(応援)お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    2次知識(自社)カテゴリの最新記事