【模試終了】自己採点の後に~「2次」に向けてギアチェンジ

【模試終了】自己採点の後に~「2次」に向けてギアチェンジ

420点取ることが全てじゃないよ。

 

自分のベストを尽くしたことが大事だよ。

・「1次」は年々難化に加え、科目難易度が変化しヤワでない。
・従い7月の直前1ヵ月で、知識をどこまで仕上げるかが大事。
・7月の仕上げ方は、自分の立ち位置=模試スコアに応じて決まる。
・模試は自分の立ち位置を示すべく、ベストを尽くして受ける

こう逆算する力があると、「2次」の戦いは受験経験者と互角以上。だから十分自信を持って。ところで直前の追い込み・詰め込みが利くマークシート型知識試験で、これほど本番1ヵ月前の模試が重視されることは他にそうない。

  • 合格者が口を揃えてそう言うから?
  • 「2次」に備え、知識があるほど有利だから?
  • 1ヵ月前行動の積極性が、試験の「外段取り化」になるから?

それらもあるけど、模試を本番「として」受けた効果を実感して役立てる。

1⃣直接メリット~ギャップの把握

自分のイメージとスコアのギャップ。そこをつぶして合格実力。

A:当てたつもりのトコが外れた。
B:ハズレ覚悟のトコが意外に当たった。

  • そのギャップを解消することで、「1次」は合格。
  • ハズレ覚悟が意外に当たると「2次」たまたま合格。
  • 「意外に当たる」状態を意識的に作るのが、たまたま合格の秘訣。

これを例えば本番の「つもり」で受ける、または「ボクは明日から本気出す!」とかやらかすと、自分のイメージと実スコアのギャップを掴めず、常に出たトコ勝負のギャンブル化。

当試験の「2次」はくじ引きなので別にギャンブルで構わないけど、それをやたら後輩にオススメされてもはた迷惑。

2⃣間接メリット~「2次」に向けてのギアチェンジ

「自分のベスト」の母集団での立ち位置を知る。

模試では、相当数、少なくともスト合格狙いの層は全力を尽くして臨む。するとその母集団内の自分の力をスコアで評価できる。

そして「2次」は「頭でっかち」を嫌がるので、頭の良し悪しより自分の力に応じた勝ち方を選ぶ方が、「2次」合格可能性は高い。つまり以下の3通り。

模試420点クリア
→知識の長期⇔短期記憶の差を意識。「2次」は知識で稼ぐ電撃戦。
模試420点未満
→まず「1次」420点突破に注力。「2次」は1年かけて力を磨く実力戦。
模試はあくまで力試し
→当試験、合格するまであきらめず受ければ誰でも合格。持久戦。

模試低得点者がスト合格する確率は低いし、逆に高得点者は「2次」2回以内で決めないと持久戦は不利。「1次」本試験は直後に「2次」ロケットスタートとなり、復習すらしない。そこで模試のスコアで、「2次」の勝ち方にも目鼻をつける。

3⃣平均的な合格者との差別化

「最後まであきらめない先輩」に、「一喜一憂先輩」。彼らの弱みが何かある?

初学スト生の「2次」たまたま合格には、大きく2つの勝ち方がある。

計画的たまたま ~スト合格の上半分
・「2次」を終えた手応えが、「やることはやった」「自分の合否は半々」。
・うち、「ハズレ覚悟が意外に当たる」状態は、ホントにスト合格。
・ただスト合格削減のため「Ⅳ」は易化傾向。良くて合格率50%。
・(仮説)スト合格の上半分=計画的たまたま=合格率50%。
ナチュラルたまたま ~平均的なスト合格者
(※下半分・・では語弊があるので)
・こんなボクでもスト合格!? ~夢のようなことも実際起きる。
・合格した理由を説明できない。それでも合格は合格。
・従来は「Ⅳ」で荒稼ぎできたが、上記理由で今後は望み薄。
・(仮説)平均的なスト合格=ナチュラルたまたま=合格率20%。

注意するのは、「たまたま」であっても、一定以上の答案読み書き国語力=「世にいう合格実力」保有が前提。従い、スト生の「2次」とは、合格実力を備えた上で、以下2択のどちらを選ぶかの戦い。

ナチュラルたまたま20%⇔計画的たまたま50%

さて試験ブログの書き手のうち、「1次模試」初回挑戦で420点を超えるのは、よくて半数。つまり「1次模試」時点で切り取る限り、模試420点越えとは合格者の上位半分に相当。この立ち位置から自称先輩の言い分を眺めて、ついニヤリ。

「最後まであきらめない!」先輩
↑あきらめる事態を避ける助言はないの?
「模試の結果に一喜一憂しない!」先輩
↑いつになったら本気をだすの?

今日のまとめ

当試験の勝ち方はひとつじゃない。そして受験回数に制限はなく、好きなやり方で、気が済むまで、合格するまで受けて良い。でも皆が皆そうはしないのは、

自分の勝ち方位は、自分で選ぶから。

当試験、7月模試を「自己ベスト」で受けるのは当たり前。そして7月一杯さらに「自己ベスト」を更新し、その知識を携え「2次」に乗り込み、確率20~50%でスト合格。

でも「2次」は、1年電撃戦⇔3年持久戦どちらもOK。自分の勝ち方を自分で選べる、選択肢の広さが当試験の特長。では明日からギアを切り替え、あと1ヵ月の再ダッシュ(※)。

※ここで「2次」を念頭に置くと、周囲の「ラストスパート」と差別化できて一石二鳥。

 

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    1次Check:効果測定カテゴリの最新記事