【最後の2択力】なぜ間違えるかの心理と科学

【最後の2択力】なぜ間違えるかの心理と科学

なぜか不思議に 最後の2択。

4択マークが基本の「1次」。そして、

○正解を含む「最後の2択」までは絞れるのに、
△なぜかことごとく正解を外して、地団駄。

マーク試験の世界ではこれを「最後の2択」と呼び、既に大学入試センター試験では、研究・対策が発展しています。そしてこれ、タネも仕掛けも簡単です。

Q:なぜ「最後の2択」までは絞れるの?

A:問題がそう作られるからです。

具体的には点差をつける、間違わせるために、正解と紛らわしいダミー選択肢を用意する。でもこのダミー、作るのが面倒。だから「最後の3択」にはまずしません。

Q:なぜ「最後の2択」で間違うの?

A:問題がそう作られるからです。

具体的には、出題側は過去の出題や正答率から、受験側の思考パターンやその弱点に知悉します。そして「つい選んでしまいたくなる」曖昧ダミー選択肢をこっそり混ぜてきます。

Q:では「最後の2択」をどうするの?

A:2択に絞った後は、「消去法」。★重要★

正しい選択肢を選ぶのでなく、どちらかの間違いを見抜き、そちらを落とします。

Q:「最後の2択」を当てるメリットは?

A:「1次」540点荒稼ぎ+スト合格が射程内に。

最後の2択を当てる=間違いを指摘して落とす習慣がつくと。「指摘するための」正しい知識を、加速度的に吸収します。

「1次」最後の2択で磨いた、正しい知識+間違い指摘力。

そう、それがスト合格力の最大の源泉。スト合格者「の間だけ」の口コミ世界では、そんなことが語り継がれています。

へぇ、「最後の2択」とは、目の付け所が面白い。

ではそれを「1次」高得点につなげるために。出題心理学+数字の科学の両面で確かめます。

【最後の2択力】なぜ間違えるかの心理と科学

最後の2択の出題心理

正答率50%Cランクの作問力が、試験委員の腕の見せ所。

出題側の試験委員だって人の子です。

△テキストレベル、誰でも当たるABランクじゃ詰まらない。
×H28「情報」の様な奇問難問糞問を出すと、非難の的。
○正解率50%=解答が2つに割れるCランク良問で、称賛を得たい。

とはいえ、そのパターンは1つじゃない。そこで過去問をタテ解きし、ひっかけパターンを把握しておきます。

ひっかけパターン例

  • 用語2つ入れ替え 「経営」H27第2問
  • 用語3つ入れ替え 「運営」H26第8問、H23第14問
  • 数値入れ替え 「法務」H28第3問(2)
  • 強いひっかけ(どうみても○) 「法務」H28第13問、H24第18問 ※ダブルトラップ
  • 細かすぎる初見知識 ※サンプル特定中

最後の2択を数字で科学

最後の2択=Cランク出題が、作問者のしてやったり。

このグラフは、過去5年分、TACデータリサーチによるA~Eランクマーク数の構成比を示す。Cが多いほど教育効果の高い、良問です。
※経営・財務・運営は手持ちデータがなかったため、後日再掲します。

  • 試しにCランクだけタテ解きするか。
  • H28「情報」の様な糞問は、安心して蹴飛ばすか。

そんな仮説が浮かんだら、「1次」ゴールはもうすぐそこに。

今日のまとめ

「最後の2択」メリットは、心理的にも科学的にも実証済。

へぇ、そんな素敵な作戦が、なぜスト合格者「の間だけ」で語り継がれるんだい? それはね、

「1次」を受かってしまうと、選択肢のない「2次」の世界に、全員強制的に移動するから。

「最後の2択」とは、△正解を選ぶのでなく、○間違いを指摘して落とす訓練ドリル。へぇ、それが「2次」スト合格に直結? これはいいコト聞いたかも。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    1次Do:学習実行カテゴリの最新記事