【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#3 業務的意思決定

【エクセル活躍実現】イケカコ斜め読み#3 業務的意思決定

「運営」と「財務」のクロスオーバー

「運営」と「財務」が巡り合う時、§6業務的意思決定が始まる。

「運営」:ねぇ、特別注文が来たのだけど、引き受けて良い?
「財務」:それなら、限界利益を稼げる順に引き受けてください。

.
ちなみに「経営」と「財務」が巡り合う時、§8構造的意思決定が始まる。

そうか、「1次」で教わる7科目とは、何か実務上の意味がある伏線なのか。そして複数科目のクロスオーバー論点こそ、実務で役立つ診断士の活躍機会。

そこに気付いた時、「1次」500点荒稼ぎのゲームが始まる。

3連休最終日のイケカコは、少し勉強疲れの脳に刺激を与える、何か思わせぶりな書き出しから始まる。

斜め読み S~Cランクミシュラン

同じS~Cランク評価でも、科目によりその意味がやや異なる。

当サイトの名物は、論点をS~C星3つ★★★に格付けするミシュラン評価。S~Cランクの定義から。

S=必ず問われる論点
A=重要な考え方(計算は必ずしも問われない)
B=組み合わせコンボ論点
C=参考、独立論点
章ランク 論点 論点ランク
S★★★ §6業務的意思決定会計
①業務的意思決定の特質 S
②差額原価収益分析 SS
C §7活動基準原価計算(ABC)
①活動基準原価計算(ABC)の意義 C
②ABCの基礎概念 C

今日の斜め読み §6~7業務的意思決定

#6業務的意思決定が、CVPに次ぐ前半のハイライト。

S★★★§6業務的意思決定会計

業務的意思決定会計は、「CVP分析」「NPV(構造的意思決定)」の2大論点の狭間に位置するため、診断士対策上どうしても後回し、苦手にしがちな論点。そこで、CVP分析、NPVの2大論点を先に習得したら、

ホントはここがビジネス実務上、一番役にたつのさ。

自分で自分にそう呟き、こっそり加点狙い学習を開始。なお簿記1級論点なので、

  • 診断士での過去問、特に「1次」での出題は多くない。
  • 解き方を知る人は少ない。
  • 正しい教え方を知る講師も少ない。

そこがイケカコの登板機会。イケカコP.53 ~54の解説は秀逸。講義代わりにここに目を通すだけで、理解度合いがずいぶん違う。

①業務的意思決定の特質【S】

業務的意思決定とは、現在の経営の物的、人的、財務的状況を所与として行われる決定である。業務的意思決定の特徴は、・・・(後略)。

あーもう、何言ってるか訳わからなくね?

イケカコの良くない点は、会計士受験生対象のため、大事なヤマ場で解説の言い回しが不自然かつ無愛想。上手な受験校講師なら、こんな感じに言い換える。

業務的意思決定
・日々の業務において、どちらが儲かるかを判断します。
・時間価値を考慮しないので、会計利益をそのまま使ってください。
(「経済」で教わった通り)儲かる順から、経営資源が許す範囲で着手します。
構造的意思決定(会計士試験では、戦略的意思決定)
・もっと儲けたくなった時、どこに投資するかを判断します。
・時間価値を考慮するため、利益にはCFを使ってください。
(ファイナンスで教わった通り)資本コストを下回る投資案は、採用不可です。

当論点では、内外製、特別注文、セグメント損益、追加加工など、主に製造業でよくある様々な業務的意思決定のパターンを学ぶ。診断士対策ではオーバースペックになるが、製造業勤めでこんな業務に携わる方なら、(試験合格目的でなく)簿記1級の問題集に手を出すことも一考。

②差額原価収益分析 【SS】

「運営」で学んだ通り、日本企業の競争力とは短納期対応(ただし今の世の中、働きすぎは良くない)。意思決定するマネージャーは忙しく、もたもた計算してると、「早く結果を持ってこい!」と叱られたりして。

そこで考案されたのが差額原価収益分析。A案⇔B案を比べる時、

費用収益を全部計算する必要などなくね?
A⇔B案で違う所だけ抜粋して計算すれば良くね?

そして毎日コツコツ学習では、この考え方を見過ごしがち。本当に忙しく限られた時間で学ぶ初学スト生ほど、「そう、こんな手抜きの仕方を探していたんだ」と褒めてもらえたりして。

より詳しい説明はこちら。

C☆☆☆§7活動基準原価計算(ABC)

この§7はおまけ。§6までの限界利益概念、差額原価概念と別の話なので、迷ったら単なる計算問題と割り切る。なお「運営」物流の頻出論点であり、これも一つの業務的意思決定と納得すれば尚可。

①活動基準原価計算(ABC)の意義 【C】
②ABCの基礎概念 【C】

これもどこかで見覚えが。そう「運営」の物流論点、物流センターのコスト計算で既習。「事例Ⅳ」では具体的な計算問題の出題可能性があり、少しの計算で確実に加点。Cランクといえども、余裕があればやっておく。

今日のまとめ

初学スト生、受験経験者問わず、イケカコ学習に欠かせないのは以下3点。

  • 当書は、問題集ではなく知識テキスト(ノート)。
  • 初見時は、ノート冒頭指示の通り、まず知識テキストとして通読。
  • 問題を解き出す前に、原価計算知識(簿記2級)の有無を確認。

そこで冴えないカコをどんなミライに変えるかといえば、

  • 知識テキストとして、まず3週間6回斜め読みで予習した上、
  • 興味が出た方に限り、6週計12回使いエクセルで解き倒す。

会計士受験生でも手を焼くイケカコを、診断士のまだ卵がいとも楽々と解き倒すミライは痛快。もっとも簿記2級未修者はまずこちらから。ではまとめ。

・「運営」「財務」がクロスオーバーする§6業務的意思決定が今日。
・「経営」「財務」がクロスオーバーする§8構造的意思決定は次回。
・§6業務的は限界利益概念の延長。差額原価での手抜きがポイント。
・活動基準原価計算ABCは、生産より物流管理とのクロスオーバー。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    K事例Ⅳカテゴリの最新記事