【運営】過去問タテ解き #5 生産情報システム他

NO IMAGE

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


 今日のタテ解き

今日は、やり残したVA/VE、生産技術、生産情報Sysをまとめて。

この時、「事例Ⅲ」で問われない開発論点(VA/VE、生産技術)は、やりたい人だけそれなりに。生産情報Sysは当てやすく、また「事例Ⅲ」で問われるのでやれる範囲でそれなりに。

VA/VE →H23第5問(A)、H25第4問(B)、H26第3問(E)、第5問(C)、H27第6問(E)
生産技術 →H23第6問(D)、H24第6問(B)、H25第6問(E)、H27第8問(C)
生産情報Sys →H23第4問(B)、H24第5問(C)、H25第2問(D)、H27第3問(B)、第7問(B)

VA/VE

H26第5問 Cランク

製品の開発プロセスに関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 生産技術や量産技術を先取りして設計・開発するために、フロントローディング活動を行う。
×イ 製品企画、製品開発、生産準備の作業を同時並行して行うために、ウォーターフォール型開発を行う。
△ウ 製品の使いやすさを試作段階で把握するために、製品工程分析を行う。
△エ 製品の組み立てやすさを設計段階で把握するために、組作業分析を行う。

当問は、ウォーターフォール型開発=「情報」知識、製品工程分析・組作業分析=「IE」知識を引用しており、作問者は良問のつもりだが、受け手でそう感じる方は少ない。そもそも開発=VA/VEは重要論点でないので、深入りせずスルー。

H27第6問 Eランク

VEには、現場の基本的なVE活動手順と7つのVE質問を組み合わせて、その問いにひとつずつ答えていく方法がある。VE活動手順とVE質問の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
○ア 改善案の作成 - 他に同じ働きをするものはないか。
×イ 機能の定義  - それは何か。
×ウ 機能の評価  - それは必要な機能を果たすか。
×エ 対象の選定  - それは何をするためのものか。

VEの手順の深い知識を聞く難問。捨て問で良いが、前年DEランクは再出題の可能性が高いので、1マーク積み上げ狙いの場合は、最後の詰め込み丸暗記の候補のひとつ。

生産技術

H25第6問 Eランク

バイオテクノロジーに関する技術用語とその応用事例との組み合わせとして、最も不適切なものはどれか。
ア 遺伝子組換え:除草剤に耐性のある穀物の生産
イ ナノバイオテクノロジー:分子レベルのモータの開発
ウ バイオインフォマティクス:遺伝子情報を組合わせた新薬の開発
エ バイオマス:生物の働きによる環境中の汚染物質の除去関

これは難問。鉛筆ころがし。

H27第8問 Cランク

機械加工工場で用いられる設備に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 旋盤は、工作物に回転運動を与え、バイトなどの工具に送り運動を与えることにより、工作物に加工を施す工作機械である。
×イ 鋳造設備は、金属を加熱して高温にした状態で力を加え、変形させることによって製品をつくる設備である。
×ウ 鍛造設備は、溶解した金属を型に流し込んで冷却することによって製品をつくる設備である。
△エ フライス盤は、ドリルに回転運動を与えつつ上下に送り運動を与えることにより、工作物に加工を施す工作機械である。

イウの主語入れ替えは気づくから、アエの2択に絞れてCランク。とはいえ出題者としてはBランク位を狙ったはずだから、できれば当てたい。当問は一度出たら二度と出ない類の知識。

生産情報Sys

H24第5問 Cランク

生産活動におけるコンピュータ支援技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア コンピュータの内部に表現されたモデルに基づいて、生産に必要な各種情報を作成すること、およびそれに基づいて進める生産の形式は、CADと呼ばれる。
○イ 生産活動に関連する設備、システムの運用、管理などについて、コンピュータの支援のもとで教育または学習を行う方法は、CAIと呼ばれる。
×ウ 製品の形状その他の属性データからなるモデルをコンピュータ内部に作成し、解析・処理することによって進める設計は、CAEと呼ばれる。
×エ 製品を製造するために必要な情報をコンピュータを用いて統合的に処理し、製品品質、製造工程などを解析評価することは、CAMと呼ばれる。

当問を解き直す前にJIS定義をチラ見。

JIS B3401 0102 CAD 製品の形状,その他の属性データからなるモデルを,コンピュータの内部に作成し解析・処理することによって進める設計。Computer-Aided Design
JIS B3401 0103 CAM コンピュータの内部に表現されたモデルに基づいて,生産に必要な各種情報を生成すること,及びそれに基づいて進める生産の形式。 Computer-Aided Manufacturing
JIS B3401 0105 CAE CADの過程でコンピュータ内部に作成されたモデルを利用して,各種シミュレーション,技術解析など工学的な検討を行うこと。Computer-Aided Engineering

選択肢の内容は全て正しく、主語入れ替えのパターンは多いが、3つ入れ替えてくるのが「運営」の特徴。初見は間違えてよいので、「これは主語入れ替えで後は正しい」と思って読むと、解答時間短縮+正解知識獲得の一石二鳥。なおCAIはCAD用語でなく、この際ついでに覚えておく程度。復習用としては良問。

H27第3問 Bランク

製造プロセスのデジタル化に関する記述として、最も適切なものはどれか。
△ア CADを導入することで複数台のNC工作機械がコンピュータで結ばれ、効率的な設備の運用が可能となった。
×イ CAEを導入することで樹脂や金属製の立体物が造形され、開発コストの低減と開発期間の短縮が可能となった。
○ウ CAMを導入することでCADと連携したマシニングセンタへの指示プログラムが作成され、熟練工の高度な加工技術を再現すること可能となった。
×エ 3次元CADと3Dプリンタを連携させることで構造解析・流体解析等のシミュレーションがコンピュータ上で可能となり、開発コストの低減と開発期間の短縮につながった。

H24第5問の知識がさらに進化した出題。正解ウ CAD/CAMを一発でも選べるのでBランク。テクニカルに解くと、イエがCAE⇔3Dプリンタの入れ替えと気づいて落とせる。CAMはアで使っているから、ウもCAMで良いのか?と筆者は悩んだが、ウはCAMというよりCAD/CAMの説明。これは一本取られた・・と思って知識を追加。

「見てやったよ」「次はもっと頑張れよ」。
気軽なポチがイノベーションに↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    D運営カテゴリの最新記事