【運営】過去問タテ解き #1生産管理概論+レイアウト

【運営】過去問タテ解き #1生産管理概論+レイアウト

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


今日のタテ解き

基本用語(PQCDSME)→H24第2問(D)、H25第1問(B)
基本用語(テキストレベル)→H23第1問(B)、H25第18問(C)、H26第1問(C)、H26第6問(B)
基本用語(その他)→H25第15問(B)、H27第1問(A)、第19問(D)
生産方式(仕事の流し方)→H23第8問(C)、H25第8問(C)、H27第2問(A)
生産方式(工程管理方式)→H24第7問(B)、H26第8問(B)、第12問(A)、H27第13問(C)
レイアウト→H23第2問(B)、H24第3問(B)、第9問(A)、H25第3問(C)、H26第2問(B)、H27第4問(C)、第5問(B)
ラインバランシング→H25第9問(C)、第20問(C)、H26第7問(E)

「運営管理」は、これ知ってますか?のABランク出題が主。そこでこの時期は、自分がミスしたCランクの捻りに着目。

基本用語

H26第6問 Bランク

工程管理で用いられる用語および略号に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 改を行うときの問いかけとして、「なくせないか、一緒にできないか、順序の変更はできないか、標準化できないか」があり、これらを総称して「ECRSの原則」と呼ぶ。
×イ 職場の管理の前提として、「整理、整頓、清掃、習慣、躾」があり、これらを総称して「5S」と呼ぶ。
○ウ 生産活動を効率的に行うための考え方として、「単純化、専門化、標準化」があり、これらを総称して「3S」と呼ぶ。
×エ 生産管理が対象とするシステムの構成要素として、「Man,Machine,Management」があり、これらを総称して「3M」と呼ぶ。

まず小手先レベルで1問。3Sの定義=瓢箪の専門家(標・単・専)でウを瞬殺。ついでに誤答選択肢にツッコミ入れて知識を増やす。

H25第18問 Cランク

職場管理における5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)(JIS Z 8141-5603)に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 整理:必要なものを必要な時にすぐ使用できるように、決められた場所に準備しておくこと。
×イ 整頓:必要なものと不必要なものを区分し、不必要なものを片づけること。
○ウ 清掃:必要なものについた異物を除去すること。
△エ 清潔:清掃が繰り返され、汚れのない状態を維持していること。

アイは、良くある入れ替え。筆者はエを選んだが、正解はウ。なぜエが×かは過去問解説に譲り、この手の問題はむしろ間違えたことに感謝。頭を垂れて知識を増やす。

生産方式(仕事の流し方)

H25第8問 Cランク

需要量が多く、市場が安定している製品の組立を行う生産方式を決定することに関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 製品の組立作業に必要な設備の多くが高価であるので、一人生産方式を採用することにした。
○イ 製品の組立作業要素の数が多く複雑であるので、ライン生産方式を採用することにした。
△ウ 製品の組立作業要素の数は少ないが作業者の作業時間変動が大きいので、一人生産方式を採用することにした。
○エ 製品の組立作業要素の数が少なく効率の高いライン編成ができないので、一人生産方式を採用することにした。

当問は良問。初見は間違えてよいが、解説読むと、「組立設備が少なく・安価→一人生産、組立設備が多く・高価→ライン生産」と知識が身につく。そう知識を持って読み直すと、イエは落とせる。筆者はウを選んだが、「作業者の変動時間が大きい」→「一人が遅れても他に影響しなくて○」と言われたら、黙らざるを得ない。「事例Ⅲ」はこの手の知識が好きなので、要チェック。

生産方式(工程管理方式)

H26第8問 Bランク

工程管理方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 完成品や仕掛品の現品管理を容易にするために、追番管理方式を採用した。
△イ 工程間の仕掛在庫量を管理するために、製番管理方式を採用した。
△ウ 受注見積りの時点で信頼できる納期を提示するために、かんばん方式を採用した。
△エ 注文品ごとに部品を管理するために、生産座席予約方式を採用した。

当問は生産方式(工程管理方式)に関する良問。イウエをそれぞれ「かんばん方式」「生産座席予約方式」「生製番管理方式」に入れ替え直すと正解選択肢。2つ入れ替えは良くあるが3つ入れ替えは珍しく、筆者は悩んでイを選んでドボン。この際つべこべ言わずまとめて暗記。

レイアウト

H25第3問 Cランク

X社は、A、B、Cの3種類の製品を、切断、穴あけ、プレス、旋盤、検査の5つの職場で加工している。工場レイアウトの検討を行うために、1日当たりの移動回数および移動距離を評価尺度として以下の条件①、②に基づいて分析を行った。この分析・評価に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【条 件】
① 製品A、B、Cの加工順序と1日当たりの生産ロット数は、表1に与えられている。職場間の移動は、生産ロット単位で行われている。[#IMAGE|a0354838_02100603.jpg|201607/26/38/|mid|488|179#]② 各職場間の移動距離は、製品によらず表2に与えられている。

[#IMAGE|a0354838_02101033.jpg|201607/26/38/|mid|488|226#]

○ア 職場間の移動回数が0となる職場同士の組は、3個ある。
×イ 職場間の移動回数が最も多いのは、旋盤と検査の間である。
×ウ 職場間の移動距離の合計値が最も大きいのは、切断と穴あけの間である。
×エ 製品ごとの移動距離の合計値が最も大きいのは、製品Aである。

当サイトは面倒くさがって解かずにウをマークしてドボン。この手の計算問題は、落ち着いて処理すれば知識がなくても解けるので、ぜひ取りたいCランク。

H27第4問 Cランク

SLP(Systematic Layout Planning)に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア SLPでは、P(製品)、Q(量)、R(経路)、S(補助サービス)、T(時間)の5つは、「レイアウト問題を解く鍵」と呼ばれている。
×イ SLPでは、最初にアクティビティの位置関係をスペース相互関連ダイアグラムに表してレイアウトを作成する
○ウ SLPにおけるアクティビティとは、レイアウト計画に関連する構成要素の総称で、面積を持つものも持たないものも両方含まれる。
○エ アクティビティ相互関連ダイアグラムとは、アクティビティ間の近接性評価に基づき作成された線図である。

SLP出題は1マークあって良いので暗記対応。いきなりレイアウト作成はおかしいので正解イは選びたい。するとアウエの知識もそんなものかと頭に入る。P、Q、R、S、Tね、ふうん・・。

ラインバランシング

H25 第9問 Cランク

混合品種組立ラインの編成を検討した結果、サイクルタイムを150秒、ステーション数を10とする案が提示された。生産される3種類の製品A、B、Cの総作業時間と1か月当たりの計画生産量は、以下の表に与えられている。この案の編成効率に最も近い値を、下記の解答群から選べ。
製品A 製品B 製品C総作業時間(秒/個) 1,400 1,450 1,450生産量(個/月) 2,000 1,000 1,000
ア 0.94
イ 0.95
ウ 0.96
エ 0.97

ライン編成効率とは、理屈でいえば実作業量/作業能力になるが、簿記と同様深く考えず計算問題として解けばよい。解いたことあれば○で、なければ×。

今日のまとめ

「生産管理」は用語暗記で解ける。

でもその時、

あれ、こんな学習法で良いのかな?と自ら気づく。

そしてギアを1つ上げ、「2次」対策用に理解進めることが大事でしょう。

「見てやったよ」「次はもっと頑張れよ」。
気軽なポチがイノベーションに↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    D運営カテゴリの最新記事